ゲームをプレイする前に設定を見直そう

投稿者:

Heroes of the Stormでは英語というだけあって

設定をするのが困難だと思われます。

そこでまずはここだけ抑えたい設定を教えます!

Voice Chat

ここで重要なのはAUTO-JOIN VOICEの設定です。

全てのチェックを外しましょう。

Discordなどの他Voice Chatと併用するとエコーなどを引き起こす原因になります。

あくまで自動でJOINしないだけなのでゲーム中に任意で参加することは可能です!

Mouse and Keyboard

まずはMOUSEの設定から。

Enable Mouse Sensitivity

マウスの動かしたときの感度が変わります。

これは自分の感覚に合うものに調整してください。

ゲーム中でも設定出来るのでTryモードなどで設定すると良いでしょう。

Cursor Size

ゲーム中のカーソルのサイズが変わります。

これも人によって好みが分かれるものなので自分に合ったものにしましょう。

ゲーム中でも設定出来るのでTryモードなどで設定すると良いでしょう。

次にKEYBOARDの設定。

Disable Alt-Tab Shortcut

ALT+TABキーでゲームをバックグラウンド状態にします。

チェックを外すのを推奨します。

ゲーム中に誤動作し辛く、裏でWebサイトを見るなどに使用でき便利です。

Disable Windows Key

Winキーでゲームをバックグラウンド状態にします。

チェックを入れるのを推奨します。

Ctrlキーの近くにあるので誤動作しやすいためです。

SCROLLINGの設定。

Enable Mouse Scroll

マウスを端に寄せ続けると画面が移動するようになります。

チェックを入れるのを推奨します。

Enable Camera Followの項にて一緒に説明します。

Mouse Scroll Speed

上記の画面移動のスピードを変更します。

自分に合ったスピードに調整しましょう。

ゲーム中でも設定出来るのでTryモードなどで設定すると良いでしょう。

Enable Camera Follow

画面のロックを解除します。

初期設定ではチェックが入っており自身が移動すると

カメラも移動する設定になっています。

チェックを外すのを推奨します。

始めは慣れないかもしれませんが凄く大事なことです。

自由に視点を移動できるのはかなりのメリットになります。

どうしても慣れない場合はチェックを入れ

プレイに慣れた頃に外してみましょう。

Gameplay

USER INTERFACE

Smart Commands Through Minimap

マップ上の右クリックの仕様を変更します。

チェックON:右クリックがマップをスルーします。

チェックOFF:右クリックがマップをクリックし、移動します。

誤動作を防ぐためにチェックを入れるのを推奨します。

Attack Move Target Point

通常Aキーで攻撃した場合、自身の近くの敵を攻撃するのですが

Enabledの状態ではカーソルの近くの敵を攻撃するようになります。

狙いが正確になり攻撃がしやすくなるためチェックを入れるのを推奨します。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です